春は引っ越しの季節ですね。

私は、18歳から7回以上も引っ越しを経験しました。

一人暮らしの時は、お隣さんに挨拶は行きませんでしたが(今となっては失礼だったかも・・・)、家族で引っ越しとなるとお隣さんに挨拶はかかせません。

そこで、私が今までもらった品物でよかったものやあげて喜ばれたものなどをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

もらってよかった品物は?

定番だけど、使える!【タオル】

何をあげようか迷ったら、絶対使うものをあげると喜ばれると思います。タオルは使わない人いますかね?私は絶対タオルを使わない!という方が万が一いらっしゃったとしても、(たぶんいないと思いますが(^_^;))大多数の人はタオルを毎日使うと思うので、こういう消耗品は喜ばれると思います。ただ、景品でもらうような薄っぺらいタオルよりもちょっとこだわりのあるタオルだと好印象です。

具体的には、今治タオルオーガニックコットンのタオルなど。

 

 

 

お菓子の詰め合わせ(プチギフト)

有名店などのお菓子の詰め合わせ(プチギフト)は、意外ともらって嬉しかったです。普段自分では買わない店だけど、こういう手土産としてもらうと喜ばれます。ただ、食べ物は基本的には人によって好みが分かれてしまうので、定番のお菓子ならクッキーやおせんべいなどがいいと思います。

 

 

 

買う前にしたいこと

予算を決める

個人差はあると思いますが、賃貸であれば上下左右のお宅は訪問したいので、1個だいたい500円~1000円くらいが好ましいと思います。ほんのお気持ち程度ですが、長く住むとなるとご近所さんにはいい印象を持ってもらいたいですよね。なので、高価過ぎず、安っぽすぎずのちょうどいい感じが大事だと思います。

何個注文するかを決める

意外と見落としなのが、こういうネットで注文する場合は、数が多いと配送に時間がかかる場合もあります。引っ越す日や家が決まっているのなら、引っ越す前に注文して前の家に届けてもらい、数が多い場合は引っ越しの日に引っ越し業者の人に荷物と一緒に届けてもらうといいと思います。実際に私は引っ越す前に届けてもらったので、助かりました。もし新しい家に届けてもらう場合は、配送先の住所を変更するのを忘れないようにしてくださいね。私は、しばらくしてネットで洋服を注文したら配送先の住所を変更していなかったことに気づき、とても焦りました。急いでお店に連絡したらまだ配達前だったのでよかったですが…(^_^;)なので、やることリストなどにメモしておくといいと思います。

のしはどうする?

引っ越しの挨拶ということで外のしが一般的です。外のしとは、品物に包装紙をした上からのし紙をかける方法です。

新居でのご挨拶

引っ越しの品ののし

紅白の蝶結びで表書きは御挨拶にします。水引の下には名字を入れるのが一般的です。名前を相手の方に覚えてもらえるのでいいですよね。

旧居でのご挨拶

引っ越しのご挨拶の品物ののし

紅白の蝶結びで表書きは御礼にします。水引の下には名字を入れるのが一般的です。

 

まとめ

新生活は不安もありますが、楽しみですよね。特にご近所さんは毎日のように顔を合わせる機会があるかもしれないので、ぜひ、よりすぐりの品物をプレゼントしてあげてくださいね。

スポンサーリンク