スポンサーリンク

妊娠を遠のける症状の1つ。冷え性。

私も冷え性で10代からずっと悩んでいました。夏でも太ももやおしりが冷たいんです。

これからやってくる冬は冷え性の方には嫌な季節かもしれません。

そこで、今回は妊娠力UPにもつながる冷え性改善が期待できる食材をご紹介します。

なぜ体が冷えると妊娠しにくいの?

冷え性は不妊の原因の1つ。改善策は?

体が冷えると、血液の流れが悪くなります。血流が悪くなると、妊娠するのに重要な子宮や卵巣の血流も同時に悪くなります。子宮や卵巣の血流が悪くなると、働きが低下してしまうので、特におなかまわりを冷やすのはNGなんだとか。だから、体を内側から温めることはとても大事。食べるものを工夫して、妊娠体質を目指しましょう。

体を温める成分を含む食材をとる!

しょうが、とうがらし、にんにくなどの食材・・・・・代謝を促す
肉、魚、卵などのたんぱく質・・・・・消化の過程で熱を生産する

ビタミン食材も体を温める!

ビタミンE、ビタミンC、βカロテン・・・・・からだを温めて、血流を改善

栄養素を豊富に含む代表的な食材は?

ビタミンE・・・モロヘイヤ、かぼちゃ、アボカド、アーモンドなど
ビタミンC・・・ブロッコリー、モロヘイヤ、パプリカなど
βカロテン・・・にんじん、モロヘイヤ、ブロッコリー、ほうれん草など

噛むことも大事!

噛む行為も、熱を生産する働きがあるんだそう。早食いは冷えのもとです。
私は昔から早食いなので、これから噛むことを意識したいと思います。

カレー粉もおススメ!

カレー粉に含まれる(ウコン)ターメリックなどの香辛料は、抗酸化作用を持つものが多く、血流改善の効果が期待できます。また、ウコンには肌の殺菌作用があり、ニキビや吹き出物をおさえてくれるんだとか。女性には嬉しい作用ですよね。他にも認知症予防やIQがUPするなど驚きの効果が!

まとめ

今回は冷え性を改善する食材についてお伝えしました。「冷えは万病のもと」と言われるくらい、様々な不調をもたらすそうなので、妊活をきっかけに体を健康にしていきたいですね。私は、のどが渇くと冷たい物を飲みたくなってしまいますが、これも体を冷やす原因になるので、ハーブティーなどで温かい飲み物を飲むように心がけたいと思います。ぜひ、皆さんも料理に冷え性改善の食材を取り入れてくださいね!

スポンサーリンク