スポンサーリンク

吉祥寺は、独身時代に住んでいた時とはだいぶ変わりました。

伊勢丹だったところはコピスというデパートになりました。そして、駅ビルもロンロンからアトレになり、話題のお店も入ってきれいに、そしてお洒落に生まれ変わりました。

独身時代とは違って今は、子どもが二人います。

吉祥寺をぶらぶらするのにも子どもと一緒なので、お洒落なお店に入ってゆっくり見てまわることもできないし、お洒落なカフェや美味しいお店も乳幼児連れだと入るのに勇気がいります 🙁 そして、勇気をだして入ったら結局騒いでしまって味も雰囲気も味わえず結局後悔したり…。結構お洒落なカフェは狭くてベビーカーが置けなかったり、子どもメニューがなかったりといった経験があります。
そんな感じで、吉祥寺はファミリー世帯には優しいのか疑問に思う時もあります。ずっと住みたい街ランキングで1位を獲得し続けてきた吉祥寺も、2016年は2位に降格。でも、ファミリーランキングでは1位を獲得。

吉祥寺は果たして家族にとって住みやすいのか?

私が住んでみて実感した“吉祥寺ってやっぱりいいな!”と思ったことをこれから少しずつお話できればと思います。

子どもと遊びにいっていいなと思ったところはやはり井の頭公園

 吉祥寺にある井の頭公園  

井の頭公園はとても広くて子どもと一緒だと正直広すぎると思うこともあります。
だって、子どもと一緒だと駅から公園に行くまでに歩いて10分くらいはかかるし、そこから公園を歩いても広すぎて一部分しか満喫できません。

でも、いいところもあります。

なぜだろう。不思議と心が落ち着くのです。大きな池とたくさんの木々からくるパワーがすごいんです。池の周りはベンチがたくさんあります。ベンチに座って池を眺めていると無になれるんです。

吉祥寺の井の頭公園の紅葉

広大な敷地にあるたくさんの水や植物、動物に癒されて爽快な気分になれます。
こんな気持ちになれるのは、私の知っている公園ではなかなかありません。

子連れで公園を満喫するならピクニック!

駅から公園まで行く道にある丸井デパートにあるthe 3rd Burgerというハンバーガー屋さん。
そこでハンバーガーをtakeoutして井の頭公園でピクニックするのがお気に入りです。
子ども連れだとお洒落なカフェもなかなか入りづらいですしね(>_<)

公園は休日ともなればたくさん人がいて混雑しますが、なにしろ広大なので、人気がなく落ち着いてご飯を食べられる場所は探せばいくらでもあります。池の周りをベンチがたくさん並んでいるので、池沿いに歩いていけばどこかはあいていますね。そして、多少子どもが騒いでも、周りが賑やかなのでほとんど気にならないです。

井の頭公園の奥には動物園も!

ぞうのはな子が亡くなってしまい、ちびっこが好きなキリンやライオンなどの猛獣もいないので、他の動物園に比べたら小動物しかいなくてちょっと物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

でも、小規模だからこそ幼児連れにはいいなと思うこともあります。

それは規模が小さめなので、大規模動物園とは違って疲れにくいということです。また、電車に乗って遠出をしなくても歩いて、または自転車で、またはバスで動物園に行けるという気軽さもいいです。ちなみに駐車場はありません。ただ、ベビーカーや抱っこ紐で赤ちゃんを連れていくとなると吉祥寺駅から公園の中を通って動物園に行くのはちょっと時間がかかります。公園から動物園(正門)まで私は10分くらいかかりました。
途中上り坂もあり、結構つらいなぁと思ったこともあります。子どもも疲れた~と言って、2回ほど休憩しました。自転車があると、正門の前に自転車置き場があるのでもっと気軽に行きやすいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

動物園の分園のほうが公園からは近い

動物園は分園(水生物園)もあり、そっちのほうが公園から歩いて行くと近いので、本園まで行かずに分園だけ見るという手もあります。分園だけ見たいと思っても料金は本園+分園がセットになっています。大人は400円かかります(小学生まで無料)。なので、損した気分にはなるかもしれませんが、それでも普通の動物園に比べたら安いので、安価に生き物と触れ合えるなら分園だけでも行く価値ありだと思います。

我が子のお気に入りは“リスの小径”

吉祥寺の井の頭公園の動物園にあるリスの小径

本園で幼児連れにおススメなのはリスの小径です。こんなのは見たことないです!大きなハウスの中に入ると、そこはリスの世界。木や小川があって、何匹かのリスが中にいて思い思いに過ごしています。リスがくるみを木の間に隠したり、仲間と追いかけっこをしたりしています。なんといっても放し飼いなので、私たちがそれを間近で見られるのです。足元をリスが通っていくこともありました。このリスの小径は、遠くから動物を眺めるだけの時とは違って人間がリスと対話をしたり、タイムスリップしてリスが住んでいる森の中に遊びにきたという感覚がします。
1歳の娘もリスに興味津々!

井の頭公園の動物園にあるリスの小径
あっちに行ったと思ったら、また戻ってきた!そして、こっちにもいた!という感じでリスの行動を見ていると飽きないようです。

出口にいくと1歳の娘は寂しそうな顔をして、まるで「もう帰っちゃうの?(泣)」と言っているかのようです。そして、もう一回見たいと催促されました(笑)。このリスの小径が大のお気に入りになりました。また入り口に行きハウスに入ってリスを見るというのをその後3回くらい繰り返しました。

4才のお姉ちゃんは、リスが噛んでくるかもしれない!と恐がっていました。

このリスの小径はおススメですよ!

まとめ

吉祥寺を代表する井の頭公園と動物園。井の頭公園は広大ですが、動物園はわりと小さめ。乳幼児連れだと広すぎることがかえってデメリットになることがありますが、それだけ井の頭公園のいろいろな表情をたくさん楽しめるということではないでしょうか。吉祥寺にこの井の頭公園と動物園があることは、吉祥寺に住む上でとても魅力的だと感じました。

スポンサーリンク